100円で手に入る「測量野帳カバー」がすごい!もうダイソーで十分かも!

測量野帳って便利ですよね?
ハードカバーがしっかりとしているので、立っていても書けるし、紙質も良いし、乱暴に扱っても大丈夫なくらい丈夫な作り!
まさに、メモの中のメモ!キングメモです!

メモ帳として欠点が内容に思えますが、唯一の欠点と言えるのが、その外観…
もともと、工事現場ようとして販売されているので、あの緑の外観がどこで使っても、現場作業員のような雰囲気を醸し出します…
測量野帳って非常に使いやすいメモ帳なのですが、いかんせんその外見がビジネスの現場向けではありませんよね?
建築の現場では気にしないでのすが、営業職として使用する、会議での場面や、お客様との打ち合わせの現場などではちょっとあの外見はいただけません。

そこで、測量野帳をお洒落に使えるように測量野帳にカバーを付けたいと思う人も少なくないはず!
でも、なかなか専用のカバーってありませんよね?
オーダーで作ってもらうことはできるのですが、オーダーのカバーは金額が高い…
どうしたものか?

スポンサーリンク

測量野帳のカバーを探す

さて、測量野帳のカバーを探していたのだが、なかなかいいカバーが見つからない!
いいなと思うカバーがあっても、金額が高かったり、1冊しか入らなかったり・・・・・
1冊180円くらいのメモ帳のカバーに1万円以上の金額をかけるのは、抵抗があるのです。
私が探している測量野帳のカバーの条件は下記のような条件がありました。

  • 金額が3,000円以下のカバー
  • 素材がレザー、またはフェイクレザーのカバー
  • 2冊収納可能なカバー
  • ペンループが付いている手帳カバー

上記のような条件を持っていた。
このような条件では本当になかなか見つけることができない。
特にネックとなるのが、金額だ!
いいなと思っても、その多くのカバーが1万円以上の金額となっている。高いものでは2万円以上のものさえある状態なのです。
なかば諦めかけていた時に、なんとなく妥協ができる条件のカバーと出会った。
それが、ダイソーの測量野帳カバーなのです。

激安な測量野帳カバーはダイソー製!


ダイソーに売っている「スナップ付き手帳80枚」という手帳フェイクレザーのような質感なので、ビジネスの現場でも違和感がなく使用することができるのが魅力!
しかもスナップ(ボタン)付きなので、カバンの中で知らない中にメモが開いて「グチャ〜」ってなる心配もありません。

触るとビニールというのが分かりますが、遠目ではレザーのように見えなくもないので、そこそこの高級感もあるように見えます。
裏面はこんな感じ↓

本当は、2冊の測量野帳が入ることが理想なのですが、このダイソー製の測量野帳のカバーには1冊鹿入りません。
まあ、これは金額を考えると仕方がないので、よしとしましょう。

しかも、なんと言っても金額が安いのが嬉しいポイント。
ダイソーなので、100円なんです!
1冊しか入らないことや、ペンホルダーがないことを差し引いても、100円なら、十分妥協点となります。
自分が気に入るカバーが見つかるまでは、このカバーで十分だと思っています。

スポンサーリンク