自分にぴったりのスタンディングデスクを選ぶ方法とは?【失敗しない選び方を解説!】

「スタンディングデスクってどうやって選べば良いの?」
「自分の体系に合ったスタンディングデスクってどれだろう?」

「スタンディングデスクって、自分の体型に合っていないと効果がない?
効果がないどころか、余計に腰痛とか酷くなる?」

なんて悩んでいませんか?

実は僕もスタンディングデスクを選ぶ時には本当に悩みました。

「どんなスタンディングデスクが自分に合っているのだろう?」
「安くない買い物なので失敗したらヤダな・・・」

こちらの記事では、失敗しないためのスタンディングデスクの選び方を解説します。

最後まで読んでもらうと、自分にピッタリのスタンディングデスクの絵選び方がわかります。
ぜひ最後まで読んでください。

僕自身がスタンディングデスクを選ぶ際に注意するポイントを徹底的に調べた内容をご紹介します。
せっかく購入したスタンディングデスクが合わないなんてことになっては、本当にショックですからね。

スポンサーリンク

失敗しないスタンディングデスクの選び方

失敗しないスタンディングデスクの選び方
既にEU諸国では、当たり前になっているスタンディングデスクですが、日本ではまだあまり馴染みがないかもしれません。
そのために、明確な選び方のポイントも分からないなんて方もたくさんいます。
そこで、スタンディングデスクの選び方のポイントをまとめました。

まずは、スタンディングデスクの正しい使い方からご紹介します。

スタンディングデスクの正しい使い方

スタンディングデスクは時間を区切って、「立っての作業」と「座っての作業」を繰り返しましょう。

例えば、60分のデスクワークをする時には、60分のうち50分を座って作業をして、残りの10分を立って作業にする。
というように、立ってと座ってを繰り返すことで集中力が保てます。

注意が必要なのは、立って作業をすると、気分がのり、集中力が上がる時がありますが、最近の研究結果で、
「2時間以上立ち続けると、パフォーマンスが低下する」というデータもあります。
スタンディングデスクを活用するには、「立つ」「座る」を交互に繰り返すことが重要です。

実際に僕も立ったままの作業を続けると、自分では気がつかないけど、作業量が極端に少なくなっているなんてことがありました。

また、スタンディングデスクを使用する時には、専用の椅子をセットで使うことをおすすめします。
椅子の座面の高さが高い、専用の「ハイチェア」を使うことによって、集中力低下を防ぐことができます。

でも、僕はこのハイチェアが合わなかったので、昇降式デスクを採用することにしました。

さて、本題のスタンディングデスクの選び方をご紹介します。

高さの目安は「肘の高さを基準にする」

スタンディングデスクの高さの選び方は、あなたの肘の高さを基準に選んでください。
立ったままの状態で腕を下げて、肘を曲げます。
その時の肘の高さがスタンディングデスクの最適な高さです。
ぴったり同じ高さではなくても、肘の高さ−10㎝くらいの範囲で選ぶようにしましょう。

ここで注意が必要なのが、肘の高さより高いデスクは肩こりの原因になります。

目線は少し下になる高さを選ぶ

デスクの上に設置するモニターの高さも注意が必要です。
モニターは、自然に立った時に目線少し下がるようになる高さが最適です。

モニターとの距離も40㎝以上離れるようにしましょう。

作業効率を劇的に向上させるために必要なこと

スタンディングデスクで作業効率を劇的に向上させるために必要なこと
スタンディングデスクの選ぶ方はとても簡単です。
あなたに合ったスタンディングデスクを選んで、作業効率を劇的に上げて、収入をアップさせましょう。

作業効率を劇的にアップさせるためのポイントをまとめました。

作業効率をあげるポイント
  • 座り続けるのはNG
  • 立ち続けるのもNG
  • 最適な高さのデスクを選ぶ。

実際に使ってみて、スタンディングデスクは非常に良い!
という感想ですが、立っての作業だけではなく、座って作業もしたい。
でも、スタンディングデスクのハイチェアが僕には合わなかったので、個人的におすすめなのは、昇降式デスクです。

スタンディングデスクを効果的に利用することで、今まで以上のパフォーマンスが発揮できる可能性があります。
実際に僕は立ってデスクワークをすることで、効率をあげることができました。
立ってデスクワークをするなんて、始めは「???」って気持ちでしたが、試してみて良かったと思っています。
日本でも今後は、一般的にどんどん普及してくると思います。
今のうちに、他の人とさ差をつけてしまうためにも、スタンディングデスクや昇降式デスクを使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク