40代から趣味のダーツを始めたらモテた!【モテるための方法と始め方と予算を紹介】

40代から趣味のダーツを始めたらモテた!【モテるための方法と始め方と予算を紹介】

こんにちは、じゅん(@40JUNBLOG)です。

こちらの記事では、趣味のダーツについて紹介します。

趣味でダーツを始めたいけど、どんなものを揃えたらいいのか?趣味のダーツの始め方が分からないなんて人は、ぜひ最後までご覧になってください。

こちらの記事の内容
  • 趣味のダーツをやって趣味仲間がたくさんできる
  • 趣味のダーツの始め方と揃えるアイテム
  • ダーツ仲間尾の探し方(異性の仲間を見つける方法)

趣味のダーツを始めたらモテた

趣味のダーツを始めたらモテた
趣味でダーツをやっているとモテるんです。

ダーツって、かっこいいのと、出会いの場面がたくさんあるからなんです。

そもそもダーツは、イギリスのスポーツです。
紳士のスポーツですが、ダーツバーなどでお酒を飲みながら楽しむことができるために、隣のグループの人に「ちょっと対戦しませんか?」なんて交流が盛んです。

大人になって、こんなに積極的に出会える場ってなかなかありません。

ダーツをやっていると、かっこいいのと出会いの機会がたくさんあるのでモテるんです。

趣味でダーツをするメリット・デメリット

趣味でダーツをするメリット・デメリット
趣味のダーツを始めるとたくさんのメリットがあります。

私が趣味のダーツを初めて感じたメリットを紹介します。

また、デメリットもありますので同時に紹介しますね。

じゅん

ダーツのメリットとデメリットを知ってもらって、ぜひダーツを初めて欲しいです。

ダーツのメリット

ダーツをやってみて感じたメリットはたくさんあります。

モテる以外のメリットもたくさんあります。
実際に感じたメリットは以下の通りです。

趣味のダーツのメリット
  • とにかく楽しい
  • 集中力が鍛えられる
  • 趣味の仲間が増える
  • とにかくやっている姿がかっこいい
  • お酒も一緒に楽しめる

じゅん

では、僕が感じたメリットを紹介していきますね。

趣味のダーツのメリット①:とにかく楽しい

ダーツは夢中になれるくらい楽しいです。

趣味の仲間と一緒にゲームをするのも楽しいですし、1人で練習をして上達しているのが実感できるのも達成感を感じて楽しいです。

実際に、大人になってから皆んなでワイワイとゲームをするなんてなかなかありませんよね。
スポーツでもありますので、やればやるだけ上達します。

皆んなでやっても、1人で練習しても楽しいのがダーツなんです。

趣味のダーツのメリット②:集中力が鍛えられる

ダーツは集中力が鍛えられるんです。

基本的には、約2.4m先の直径約4㎝の的を狙って投げます。
投げる時には当然集中力が必要になります。

また、ダーツのゲームは点数を計算して、どこを狙ったら効果的なのかを考えながら投げますので、集中力と共に頭の回転も早くする効果が期待できます。

つまり、ダーツをやっていると頭の切れが良くなります。

趣味のダーツのメリット③:趣味の仲間が増える

ダーツをやっていると趣味の仲間がどんどん増えます。

ダーツはダーツバーなどでやるのが一般的です。
ダーツバーではお酒も楽しんでいるので、隣のテーブルの人とゲームの対戦が始まるなんてよくあることです。

実際に僕も、ダーツバーでは頻繁に「対戦しませんか?」なんて声をかけられますし、こちらから声をかけることもあります。そして、断られたことはありませんし、そのまま一緒にダーツをやる仲間になるなんて良くあるんです。

つまり、ダーツをやっているとダーツ仲間がどんどん増えていきます。
男性の仲間も女性の仲間もたくさん増えます。

趣味のダーツのメリット④:とにかくカッコいい

ダーツをやっている姿ってとにかくカッコイイんです。

40代の人でも若者以上にカッコよく見えることもあります。

そもそも、ダーツのトッププレーヤーはほとんとが、おじさんです。
でのそのおじさんのトッププレーヤ達はとてもかっこいいです。

ダーツをやっている人はその姿を知っているので、おじさんがカッコよく見えるんです。

つまり、おじさんでもダーツをやるとカッコよくなって、モテるようになるんです。

趣味のダーツのメリット⑤:お酒も一緒に楽しめる

ダーツはお酒も一緒に楽しめるから、楽しさが倍増するんです。

ダーツバーではお酒を飲みながらダーツを楽しむ人が多いです。

そのために、皆んな楽しくなって積極的にコミニケーションをとるようになります。

ですので、隣のグループの人とも対戦が始まったり、そのまま一緒に飲むなんてことがあるんです。

お酒を飲みながら楽しめるスポーツってダーツくらいですよ。

飲めない人でも十分に楽しむことができるので安心してくださいね。

ダーツのデメリット

ダーツのメリットを紹介しましたが、当然デメリットもあります。

僕が実際に感じたデメリットは以下の通りです。

趣味のダーツのデメリット
  • 1人ではつまらないことが多い
  • できる場所が限られる

じゅん

では、ダーツのデメリットを順番に紹介します。

趣味のダーツのデメリット①1人ではつまらないことが多い

ダーツはその楽しさを知ると、1人でやっているのがつまらなく感じる(時がある)

ダーツはみんなでやる方が楽しいです。

1人で練習をしていると上達している達成感は感じることができますが、みんなでやっている楽しさはありません。

基本的にダーツはみんなでやる方が楽しいですね。

趣味のダーツのデメリット②できる場所が限られる

ダーツはできる場所が限られるのがデメリットの一つです。

ダーツはダーツボードかダーツ台がないとできません。

つまり、ダーツバーかダーツ台があるネットカフェくらいしかやる場所がありません。

ですので、ダーツをやる場所が限られるってことがデメリットなんです。

趣味のダーツの始め方

趣味のダーツの始め方
ダーツをやってみたいなんて思った人のために、趣味のダーツの始め方を紹介します。

趣味のダーツの始め方
  1. ダーツの基本ルールを知る
  2. ダーツの投げ方を知る
  3. ダーツの練習をする
  4. ダーツバーに行く

じゅん

では、趣味のダーツの始め方を順番に紹介しますね。

ダーツの基本ルールを知る

まずはダーツの基本的なルールを知ることから始めましょう。

ダーツもスポーツですので、ルールを知らないと始めることもできませんからね。

ダーツのルールは解説をするとっても長くなるので、おすすめのサイトを紹介します。

参考 始めてのダーツ|DARTLIVE始めてのダーツ

ダーツの投げ方を知る

ダーツの投げ方を知ることも重要です。

ダーツは基本的には自由な投げ方でいいんですが、基本は知っておいた方がいいです。

投げ方の基本を知っておくと、

  • 上達が早くなる
  • 投げている姿がかっこいい

なんてメリットがあるからです。

ダーツの基本的な投げ方は、下記のサイトが参考になります。

参考 How to throw darts|DARTLIVEHow to throw darts

ダーツの練習をする

ダーツの練習することも大切です。

ダーツはスポーツですので、練習は欠かすことができません。

ダーツの練習ができる場所は以下の通りです。

ダーツの練習ができる場所
  • ダーツバーに行く
  • ネットカフェで個人練習をする
  • 自宅にダーツボードを置く

こんな場所があ李ます。

ダーツバーに行く

ダーツバーに行って練習するのがおすすめなんです。

初心者でもダーツバーで練習して大丈夫です。

むしろ、周囲の人が教えてくれることもありますし、同レベルの人もたくさんいるので、仲良くなれるチャンスです。

ネットカフェに行く

ネットカフェで練習する方法もあります。

最近では、ネットカフェにもダーツ台が置いてある店が増えています。

一人で練習したいという人はネットカフェで練習するのがいいですね。

自宅で練習する

自宅でダーツの練習をする方法もあります。

自宅にダーツボードを壁掛けしておくと自宅で練習をすることができます。

コソ練をするには自宅で練習するのがおすすめなんです。

ダーツを始める時に揃えるもの

ダーツを始める時に揃えるもの
ダーツを始める時に必要なものを紹介します。

ダーツは比較的低予算で始めることができますので、おすすめの趣味なんです。

必要なアイテム予算
ダーツ本体1500円〜15000円
ダーツケース1000円〜10000円
ダーツボード5000円程度

こんな感じの予算感です。

じゅん

でも、ダーツのアイテムってたくさんあるので、どれがいいか分からないなんて人のために、おすすめのダーツアイテムも紹介しますね。

ダーツ本体

ダーツ本体は、「ティップ」と「バレル」と「シャフト」と「フライト」で構成されています。

色々あって迷うので初心者はセットになっているものを購入するのがいいでしょう。

ダーツケース

ダーツ本体をがあると、欲しくなるのがダーツケースです。

ダーツケースがかっこいいとそれだけでもかっこよく見えます。

おすすめのダーツケースを紹介します。

ダーツボード

自宅で練習をするならダーツボードも必要です。

ダーツボードは練習する用なら、安価なものでも問題ありません。

下記の商品くらいの価格のもので十分です。

ダーツの趣味仲間を見つけるには

ダーツの趣味仲間を見つけるには

ダーツを仲間と一緒にやりたい、でもダーツ仲間ってどうやって見つければいいんだろう?

お悩み読者

じゅん

ダーツの趣味仲間を見つけるのって実は簡単なんです。
実際に僕が趣味の仲間を見つけた方法を紹介します。

ダーツバーで見つける

おすすめの方法はダーツバーでダーツ仲間を見つける方法です。

ダーツバーに行くと分かるんですが、初対面の人ともゲームの対戦をする機会がたくさんあります。

何度か通っているうちに自然と打ち解けて仲間が増えるんです。

ダーツ仲間が欲しいならダーツバーに何度か通ってみましょう。

友達を誘う

ダーツ仲間が欲しいなら友達や職場の人を誘ってみるのもおすすめです。

ダーツって意外とやったことがあるって人が多くて、誘うと意外と一緒に行くことができます。

実際に友人や知人を誘うのも簡単に趣味のダーツ仲間を見つける方法なんです。


自分の居場所ができる40代からの趣味友を作る方法【サークルも紹介!】 自分の居場所ができる40代からの趣味友を作る方法【サークルも紹介!】 自分の居場所ができる40代からの趣味友を作る方法【サークルも紹介!】

おじさんでもダーツでモテる方法

おじさんでもダーツでモテる方法
一人でダーツバーに行く時には、できるだけダーツバーで仲間を見つけるようにしましょう。

そこで、ダーツバーでモテる方法を紹介します。

じゅん

僕は実際にこの方法でダーツバーでダーツ仲間の男性はもちろん女性のダーツ仲間もたくさんでできました。

ダーツバーに行く

まずはダーツバーに行かないと始まりません。

できれば、数回通って顔を覚えてもらいましょう。

始めて行ったダーツバーでも話しかけられることはたくさんあるんですが、通っているうちに知り合いの知り合いが紹介されるなんてことがたくさんあります。

まずは数回通いましょう。

積極的にコミニケーションをする

初心者でも臆することなく、積極的にゲームの対戦を申し込みましょう。

基本的に同レベルのひとに対戦を申し込むと断られることは、ほとんどありません。

積極的に声をかけましょう。

まとめ:40代でもモテるダーツってすごい

まとめ:40代でもモテるダーツってすごい
こちらの記事では趣味のダーツの面白さと始め方を紹介しました。

僕がこの記事でお伝えしたかったことをまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • 40代からの趣味ではダーツがおすすめ
  • ダーツは趣味の仲間が増えやすい
  • 異性の仲間も簡単にできる
  • すぐに始めることがおすすめ

こんなことです。

何か趣味を探しているのなら、ダーツを始めてください。

趣味があると人生が楽しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です