横浜市でワクチンの予約が取れない件!40代でワクチン難民にならない!

横浜市でワクチンの予約が取れない件!40代でワクチン難民にならない!

こんにちは、JUN(@40JUNBLOG)です。
こちらの記事では、横浜でワクチンの予約が取れないって話をします。
僕と同じようにワクチンの予約が取れなくて悩んでいる人って結構いると思うんです。

とにかく、
「ワクチン接種の予約が取れないんだ〜!」

みんなどうやってワクチンの予約を取ってるんだろう?

コロナウイルスがこれだけ広がると、本当に怖いんです!
僕も40代になって、「もし感染したら重症化するかも?」なんて恐怖と戦っているわけですよ。

少しでもリスクを下げたくてワクチンを接種したいなんて思っていても、「そもそも予約が取れない・・・」

個別接種の予約で病院に電話しても繋がらない・・・
予約サイトはいつ見ても、空きがないなんて状態で、予約が取れないです・・・

他の県はどんどん接種が進んでいるのに、横浜はなかなか進まない・・・

実際にGoogleで検索すると、サジェストには、

横浜市 ワクチン予約が取れない

こんな感じです。

みんな予約が取れなくて大変なんですね・・・・

実際に僕も予約が取れていませんが、同じように困っている人のために、横浜のワクチン接種の予約について調べた情報をまとめました。

そもそも横浜のワクチン接種が進んでいない原因って何?

そもそも、横浜市のワクチン接種が進んでいない原因は人口の多さが原因になっているようですね。

  • 横浜市:人口 372万人
  • 大阪市:人口 269万人
  • 川崎市:人口 147万人

※参考データ:Data Commons プレイス エクスプローラー

これは2020年のデータですが、他の大都市と比較しても人口が多いですね。

では、これに対してワクチンの予約枠はというと、7月7日のデータを見ると・・・

  • 個別接種:約30万人分
  • 市の予約サイト:約1万4千人分
  • 集団接種:約12万人分

※参考データ:横浜市記者発表資料(新型コロナウイルスワクチンの供給量および当面の予約枠について)

7月5日〜8月2日の間のデータになりますが、合計で約43万人分となっています。

「うん!これじゃ予約が激戦になってもしゃーない!」
って感じですね。

でも、しゃーないってことで諦めるわけにはいかないので、予約ができる方法を調べます。

横浜市のワクチンの予約方法な何がある?

横浜市のワクチンの予約方法は、以下の方法があります。

  • 横浜市のワクチン予約サイト
  • 横浜市のワクチン電話予約
  • 医療期間での個別予約

ちなみに、8月28日時点で40代の僕は、どの方法でも予約が取れていません。

⇒横浜市ワクチン予約サイトはこちら

横浜市ワクチン予約電話:0120-045-112(9時〜19時)

⇒医療機関での個別予約はこちら

横浜市のワクチン予約の情報を集めるにはどんな方法がある?

横浜市でワクチンを予約しようと思ったら、どんな方法があるのかをまとめました。

情報収集する方法は以下です。

  • 横浜市ホームページ(特設ページ)
  • LINE(横浜市の公式LINE)
  • Twitter(横浜市広報課)

このようなサイトやSNSでワクチン予約の情報を収集することができますね。

⇒特設ページはこちら

⇒横浜市公式LINEはこちら

⇒横浜市Twitterはこちら

でも、これは横浜市の公式の情報なので、みんな見ているから、競争が激しくてこの情報だけではなかなか予約が取れないのが現状ですね。

だって、実際に僕も取れていませんからね!

そこで、違う情報も探します。

横浜市ワクチン予約の裏技・コツってあるの?

「横浜市 ワクチン 予約 裏技」
「横浜市 ワクチン 予約 コツ」

でネットで検索すると、

【横浜市】新型コロナワクチン接種予約のコツ(参考)  ※8月23日(月)までにご一読ください!

なんて記事を発見!

こちらの記事は、横浜市会議員の「こがゆさん」が紹介している記事で予約の効率的な取り方が紹介されています。

ポイントは以下の通り。

  • 基本的には月曜日の9:00〜10:00に予約をする
  • 約サイトには8:30には予約画面に入る

ってことだそうです。

僕は、9:00から予約が開始ってことだったので、9:00になった時点で予約サイトに入っていたのですが、それでは遅かったようですね・・・
正直者が損をした感じです・・・

ちなみに次の予約の受付は、「8月30日(月)午前9時から」です。
ワクチン難民にならないように、しっかりと準備をして予約をしましょう。

僕も絶対にここで予約を取ります!

毎週月曜日意外でも予約が取れるチャンスもある!

毎週月曜日の9時からがワクチン接種の予約が取れる可能性が高いのですが、実は毎日午前9時から予約ができるチャンスもあります。

それがこの方法とのこと。

  1. 個別接種で市の予約サイトか予約センターに電話で申し込む
  2. 集団接種と大規模接種のキャンセル分の再申し込み

可能性は低くなりますが、この方法でも予約が確保できる可能性があるんだそうです。

ワクチン難民にならないためにすること

僕も実際に困っている、横浜市のワクチン予約について紹介しました。

ワクチン難民にならないためには、

  • 毎週月曜日に予約サイトに8:30から張り付く!
  • サイトやSNSの情報を収集する
  • 毎日9:00に予約ができるか確認する

このようなことがポイントになりますね。

リスクを少しでも減らすためにワクチンを接種したい。
でも予約が取れないなんて、僕のように悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

【追記:8/30】ワクチン予約をとった方法を紹介!

ワクチンの予約がようやく取れました。

サイトだけに頼っていては予約が取れない状況なので、違った方法でも予約を取るためにやってみました。

その結果、1週間後の予約を取ることができたので、その方法も紹介します。

実際に予約をとった方法は、横浜市でワクチン予約が取れる方法!40代で実際に予約が取れた方法を紹介の記事で詳しく紹介しています。

横浜市でワクチン予約が取れる方法!40代で実際に予約ができた方法を紹介 横浜市でワクチン予約が取れる方法!40代で実際に予約が取れた方法を紹介 横浜市でワクチン予約が取れる方法!40代で実際に予約が取れた方法を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です