インプットだけしてない?インプットだけではダメなんです。「成果を最大にするための具体的な方法も紹介」

インプットだけしてない?インプットだけではダメなんです。「成果を最大にするための具体的な方法も紹介」

こんにちは、じゅんです。

じゅん

インプットだけして勉強した気になっていませんか?インプットだけではもったいない。

どのくらい勿体無いかというと、「かっこいい服を着ていても、靴がボロボロ」くらい勿体無いです。

こちらの記事では、インプットだけでは無駄な理由と、インプットした後にやることを紹介します。

先日このようにツイートしました。

インプットだけしているのって本当に勿体無いんです。

でも、多くの人がインプットだけして、勉強した気になって満足しているんです。これではもったいない・・・・

こちらの記事を読んでもらいたい人

こちらの記事を読んでもらいたい人
  • 時間がないけど勉強したい人
  • 勉強してもなかなか身につかない人
  • 勉強したことの効果を最大限に発揮したい人

こんな人は、ぜひ最後まで読んでください。

インプットだけでは81%無駄になる

インプットだけしていると、81%は無駄になるって知っていましたか?

勉強などでインプットしたことってアウトプットすることで初めて身につくんです。

1995年に提唱された「アウトプット仮説」では、「言語を習得するためには理解できることのインプットでは不十分で、アウトプットによる負荷が必要」ってことが実証されています。

つまりインプットだけではダメでアウトプットを一緒にすることで初めて効果があるってことです。

実際に僕も、勉強したことの内容を翌日には8割くらい忘れているなんてことがよくありました。

これって、僕の記憶力が悪ってわけではなく(実際には悪いのかもしれませんが・・)人間なら仕方のないことなんです。

人が何かを学んだ時には、

人間の忘却率
  • 20分後には42%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

ってことが明らかになっています。(エビングハウスの忘却曲線)

インプットはアウトプット前提でやる

インプットをする時にはアウトプット前提でやることが大切です。

インプットしてもアウトプットできないってことは、自分でもしっかりと理解できていないってことなんです。

だって、アウトプットできないってことは、インプットした内容を曖昧にしか覚えてないってことだからです。

例えば、会社で新人に業務の説明をする時に、自分がわかっていないことを説明するのって無理ですよね。

「なんとなく、こんな感じでやってね。」なんて曖昧な言い方になりますよね?つまりインプット量=アウトプット量ってことなんです。

アウトプットするには、インプットの質を上げることが大切

アウトプットをしっかりとやるにはインプットの質を上げる以外にはない。

インプットの質をあげる方法
  • 質問するつもりでインプットする
  • 自分の言葉でまとめる
  • 体験する

ってことが大切になります。

じゅん

では順番に紹介します。
僕もこれができるようになるまでには、アウトプットなんてなかなかできませんでした。

質問するつもりでインプットする

インプットの質を上げるなら、質問するつもりでインプットすることが大切です。

インプットしていると、分からない部分ってありますよね?

自分では理解することができない部分は、質問をします。
もし、質問できる相手がいない場合は、自分で調べて理解できるようにします。

自分で理解できない部分を「質問する」というアクションに起こすことで、アウトプットと同じことをしています。

さらに理解ができるようになるので、インプットの質は格段に上がります。

自分の言葉でまとめる

インプットした内容を自分の言葉でまとめることも大切なんです。

アウトプットする時には自分の言葉でアウトプットをします。

そのためには、自分の言葉でインプットした内容をまとめる必要があります。

インプットした内容をアウトプットするための準備です。

体験する

単純に読んだり聞いたりするよりも、自分で体験する方が中身の濃いインプットになります。

アウトプットする時には、

  • 視覚
  • 聴覚
  • 味覚
  • 嗅覚
  • 触覚

などの五感を伝えると受け取った側もわかりやすいんです。

でも、自分で体験しないとこの辺の感覚はわかりません。

ですので、インプットする時にはまずは自分で体験することが大切なんです。

質の高いインプットをしたら、質の高いアウトプットをする

質の高いインプットをしても、アウトプットの質が低ければダメです。

アウトプットの質を上げる具体的な方法

インプットの質を上げたら、アウトプットの質を上げことも大切。アウトプットの質を上げるためには、以下のような点に注意してアウトプットをしましょう。

アウトプットの質を上げる方法
  • 実際に人に教える
  • インプットを行動に変える

つまり、実際にやってみることがおすすめの方法なんです。

アウトプットを実際にする

でも、実際にアウトプットするのって、なかなか機会がありませんよね?そこでおすすめのアウトプットの方法を紹介します。全部、僕が実践して効果を感じた方法です。

おすすめのアウトプット方法
  • SNSで発信する
  • ブログで発信する
  • 家族に聞いてもらう

特におすすめなのは、SNSやブログで発信する方法です。SNSの運用も勉強できるし、ブログの勉強もできるので、一石二鳥なんです。

まとめ:インプットはアウトプット前提

インプットする時は「アウトプット前提」でインプットするようにしましょう。実際にやってみると、その効果に驚くと思います。実際に僕は、この方法をやってみてブログでもSNSでも副業としての収入が驚くほど上がりましたし、本業でも成果が上がっています。まずはこの内容で練習してみてください。

ネットで稼ぐ方法を紹介

「ネットで稼ぎたい」「でも稼げるか不安」

なんて思っている人のため、ネットで稼げる方法を紹介。僕が実際に稼いでいるブログをメインにネットでお金を稼ぐ方法を無料メルマガでお届けしています。したの記事から無料メルマガに登録することができますので、ぜひ登録してください。

⇒40代でも3ヶ月で月5万円稼げるブログ無料講座はこちら
※ページの下に登録フォームがあります。

追記:本を出版しました

40代でもブログで稼ぐ方法の本を出版しました。僕が実際にやったブログの始め方やブログの記事の書き方、ブログのジャンルの決め方など、具体的に解説している内容になっています。ブログを始めたい人は是非ご覧になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。