在宅ワーク(テレワーク)で集中できない?集中力を上げるガジェット20選を紹介!

在宅ワーク(テレワーク)で集中できない?集中量を上げるガジェット20選を紹介!

こんにちは、JUN(@40JUNBLOG)です。

こちらの記事では、在宅ワーク(テレワーク)で集中力を維持するためのガジェットについて紹介します。

在宅ワーク(テレワーク)で集中できなくて悩んでいる人はぜひ最後までご覧になってください。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、在宅ワーク(テレワーク)にシフトする企業が多くなっています。

でも在宅ワーク(テレワーク)では集中できないなんて悩んでいる人も多いです。

「自宅だと集中できない」
「職場と違うから、効率が悪くなる」
「ついついサボってしまう・・・」

あなたもこんなことで悩んでいませんか?

そんな悩みを解決できるガジェットをを厳選しましたので、あなたの在宅ワークが少しでも快適に集中できる環境になるように参考にしてもらえると嬉しいです。

こちらの記事の内容

  • 在宅ワーク(テレワーク)で集中できるためんガジェット20選を紹介
  • 在宅ワーク(テレワーク)で集中できる裏技

目次

在宅ワーク(テレワーク)で集中力を上げるガジェット厳選20選を紹介

在宅ワーク(テレワーク)では職場と環境が違うために集中できないなんて人が多くいます。

でも、職場と全く同じ環境にするのは現実的に無理です。

そこで、こちらの記事では「作業効率が上がるガジェット」「集中力が維持できるガジェット」「あると便利なガジェット」で快適な作業環境を作るをテーマにガジェットやグッズを20点厳選しました。

PCデスク|flexispot(フレキシスポット)スタンディングデスクで集中力を切らさない

PCデスクは在宅ワーク(テレワーク)に欠かせない必須アイテムです。

1日8時間ちかくも作業するので、快適な作業環境を作るにはまずはPCデスクを揃えるのがおすすめです。

僕も在宅ワーク(テレワーク)で作業をていますが、集中力が切れる原因は、ずっと同じ姿勢で座っているから。
オフィスでは、印刷したプリントをとりに行ったり、隣の部署の人に相談をしに行ったりと、席を立つことが多くあったのですが、在宅ワーク(テレワーク)ではそれがほとんどなくなります。

そのために、集中力が切れやすい状況になります。

自宅ではどうしても切れてしまいがちな集中力を維持できるのが、flexispot(フレキシスポット)のスタンディングデスクです。

flexispot(フレキシスポット)のスタンディングデスクは電動式でデスクを自分の好きな高さに簡単に変えることができるので、集中力が切れそうになったらスタンド状態で作業をすると、集中力が続きます。

在宅ワーク(テレワーク)のをやっている人には絶対におすすめのアイテムです。

チェア(椅子)|コスパ最強のチェアはゲーミングチェア

在宅ワーク(テレワーク)で集中力を維持するには、チェア(椅子)も大切なガジェットです。

オフィスチェアは高額なために手を出せないと思いますが、オフィス用チェアにも利用できる「ゲーミングチェア」をおすすめします。

ゲーミングチェアは、ゲームをするために設計されています。
長時間座っていても、手や足や腰に負担をかけないで、体への負担を軽減するように設計されています。

つまり、仕事をする椅子としても有能なんです。

プロゲーマーや動画編集者などのクリエイターも使用しているくらいオフィス用のチェアとして優れものです。

Gtracing ゲーミングチェア オフィスチェア デスクチェア ゲーム用チェア リクライニング パソコンチェア ハイバック ヘッドレスト ランバーサポート ひじ掛け付き 高さ調整機能 PUレザー ブルー GT002

PCモニター|広い視野で作業を快適にするウルトラワイドモニター

在宅ワークではノートPCで作業をするために、画面が狭くて効率が上がらない。

なんて悩んでいる人は多くいます。

そんな人は、ウルトラワイドディスプレイをおすすめします。

1枚の画面で見える範囲がノートPCの数倍の広さになりますので、作業効率が飛躍的に向上します。

作業効率が上がるので、当然集中力が切れることも少なくなります。

ウルトラワイドディスプレイで最もおすすめは、LGの35インチウルトラワイドディスプレイです。
仮面が局面になっているので、広い画面の端の部分も見やすくて、没入感を感じられて作業が捗ります。

PCメガネ|ブルーライトカットで目の疲れを軽減して集中力を切らさない

ブルーライトで目が疲れることも集中力が切れる原因です。

最近のディスプレイには、ブルーライトカットの機能が付いているディスプレイも多いですが、僕はそれでもPCメガネを活用しています。
目の疲れ方が格段に違います。

目が疲れると、「肩こり」や「頭痛」の原因になりますし、何より集中力がなくなります。

手頃な値段で集中量が維持できるガジェットですのでおすすめです。

モニターアーム|モニターの位置を最適な位置にして集中量を切らさない

外付けディスプレイを使っている人には絶対におすすめのアイテムです。

在宅ワーク(テレワーク)で疲れて集中力が切れる原因は、ディスプレイの位置があっていないことが原因になっていることがあります。

自分の目線の高さに調整できるモニターアームなら長時間の作業疲れを軽減してくれます。

また、デスク周りの見た目がスッキリする、モニターの下に物を置くスペースが増えるなどのメリットもあるので、おすすめです。

ノートPCスタンド|絶対に必須なアイテム

在宅ワーク(テレワーク)をするなら絶対に抑えておきたいガジェットが「ノートPCスタンド」です。

在宅ワーク(テレワーク)では、ノートPCを置く高さやディスプレイへの目線の高さで目や肩、腰への負担が大きく変わります。

自分の目線に合っている高さにノートPCを持ってくるだけで、疲れが激減します。

ノートPCスタンドの中でも一押しなのが、BoYataのノートPCスタンドです。
多くのYouTuberの人も絶賛しているノートPCスタンドです。

モニターライト|照明の色で集中力を維持させる

集中力を上げるにはライトの色が重要って知っていますか?

オフィスと同じ色調のライトを使うと、オフィス環境と同じように集中力が維持できます。

しかも、照明のあかりが直接目には依頼なのがベストです。

モニターライトであれば、スペースを取らずに必要な場所にだけ照明を照らすことができます。

実際に僕も使っていて、本当に便利です。

これはもう手放せません!

椅子用クッション|低反発で負担を軽減して集中力を維持させる

在宅ワーク(テレワーク)で集中力が切れる原因は腰痛です。

チェアと合わせて購入しておきたいのが「椅子用クッション」

チェアとセットでなくても、仕事用の椅子にお金はかけられないという人も、今ある椅子にセットするだけで座り心地が飛躍的にUPします。

椅子用クッションを使うと背筋がしっかりと伸びて膝に余分な負担がかからないので、腰痛持ちの人は必見のアイテムです。

個人的には、長時間座りぱなしでも疲れを軽減してくれる「低反発クッション」がおすすめです。

タブレット|マルチタスクの強い味方

在宅ワーク(テレワーク)の作業効率を上げてくれるタブレットも必須のアイテムです。

マルチタスクをするには欠かせないのがタブレット。

僕の使い方は、メインディスプレイでメインの作業を行って、タブレットでは、「リサーチ」「メールの確認」「動画再生」などで使っています。

いちいちメインディスプレイを切り替えなくてもメール確認や資料の閲覧ができるのがとても便利です。

イヤフォン|ノイキャン付きで集中力UP

生活音や子供の声が集中力を切らす原因になります。

生活音や子供の声を気にならなくするのが、「ノイズキャンセリング付きのイヤフォン」です。

在宅ワーク(テレワーク)ではオンラインミーティングなどが多ですが、そんな時にも活躍してくれるのが、ノイキャン付のイヤフォンです。

僕は、Airpods Proを使っていますが、オンラインミーティングの音声もクリアに聞こえるし、何よりコードレスなのでとても楽です。

骨盤レポートクッション|骨盤を整えて集中力UP

腰痛も集中力が切れる原因になります。

デスクワークが長くなると背中や腰に負担がかかりますよね?

家いあるような簡易的な椅子で作業をしている在宅ワーカーは特に要注意です。

僕も実際に腰痛に悩んでいましたが、骨盤サポートクッションを使って今では腰痛が気にならなくなりました。

どんな椅子にも使用できて、座椅子や床に直接おいても使えるので、在宅ワーカーには必需品です。

バックジョイ リリーフ グリップ ブラック

USB充電器|ケーブルが邪魔にならない

在宅ワーク(テレワーク)では、充電をするガジェットが何かと多い物です。

いざ使おうと思った時に、充電が少ないなんてこともよくあります。

その度に充電ケーブルを探してなんてやっていては集中力が切れて当然です。

僕も実際い使っているUSB充電器は散らかりやすいケーブルを一か所に集中させることができて、ケーブルが散らからないので、デスクの上が綺麗になしUSBの差し口が4つもあるので、必要なガジェットが常に充電できている状態なので、本当におすすめです。

モバイルバック|デスク周りを綺麗にしてい集中力UP

在宅ワークをしていると、必要なものがすぐに見つからない・・・
ちょっと場所を変えるのも大変・・・

なんてことがありますが、モバイルバックを使うと仕事道具が全て揃っている状態。

ちょっと気分転換にリビングで仕事するなんて時にも、このバック一つを持っていけば大丈夫なんです。

作業を中断して集中力が切れるなんてことがなくなりますので、おすすめのアイテムです。

デスクオーガナイザー|デスク周りをスッキリ収納して集中量UP

デスクの上をシンプルにしたい。
散らかったデスクでは集中できない!

なんて人におすすめなのが、「デスクオーガナイザー」です。

必要なものがすぐに手に取れるというのは、集中力を切らさないコツです。

デスクオーガナイザーで必要な物を、無くしにくく整理することで集中力を切らさない在宅ワーク環境ができます・

ラップトップトレイ|場所を変えて気分をリフレッシュして集中力を回復

ソファーでも仕事をする人におすすめなのが、YogiboのTraybo(トレイボー)です。

膝の上に直接ノートパソコンを置くと目線が低くなるし、安定もしないので作業に集中できなくなります。

YogiboのTraybo(トレイボー)は木製トレーの下に発泡スチロールビーズ入りのクッションが付いていて、角度の調整が自由にできますので、自分にあった角度で作業をすることができます。

ブギーボード|デスク周りをスッキリさせて集中力UP

メモってどこにあったっけ・・・?
ちょっとメモしたいけど、メモ帳がない・・・

なんてストレスですよね?

僕が使って、おすすめしたメモ帳がキングジムの「ブギーボード BB-12」です。

何度も書いてすぐに消すことができる便利なメモ帳

紙のメモではないので、ゴミの削減にもつながりますし、保存したいメモはスマホで撮影することでいつでも見直すことができます。

メモの保管場所が決まると、探す時間が短縮できるので作業効率が飛躍的に向上します。

マウステーブル|マウスの可動域を広げて集中力を維持

在宅ワークの環境だと、デスクが狭いのでマウスが邪魔になる・・・・

なんて悩みを解消するのが、マウステーブルです。

マウスの可動域が狭いなんてストレスでしかありません。

ストレスのある環境では集中力が続かなくて当然です。

今のデスクに設置できて、使わない時にはしまっておけるマウステーブルは狭いデスクの救世主です。

キーボードスライダー|邪魔な時はキーボードをしまって集中力をUP

キーボードって書類を書く時なんかに邪魔になりますよね?

いちいちキーボードをどかして書類を処理して、またキーボードを出すなんて手間がかかって仕方ありません。

でも、キーボードはなくてはならない物なので、仕方ないって思っていませんか?

キーボードが邪魔になるのなら、キーボードスラーダーで、キーボード専用のスペースを設置すると問題が解決します。

HHKB(ハッピーハッキングキーボード)ー|タイピングのストレスをなくてして集中力UP

タイピングが多い作業の人は、タイピングを効率化するとそれだけで作業効率が格段に向上します。

タイピングを効率化するには、タイピングのしやすいキーボードを使うのが最も効果的です。

僕が実際に5年間使用しているキーボードなら、楽しくタイピングができてタイピング速度が上がります。

実際にこのキーボードを使うようになってから、タッチタイピングができるようになりました。

HHKBでタイピングが200%早くなる方法【40代男性に最適なガジェット】 HHKBでタイピングが200%早くなる方法【40代男性に最適なガジェット】 HHKBでタイピングが200%早くなる方法【40代男性に最適なガジェット】

アロマテラピー|香りで集中力を継続UP

集中力を維持するには、アロマもおすすめ。

香りは集中力を維持する効果があります。

気分転換にはもちろん、集中しなくてはいけない時も活用できるのが、アロマディフーザーです。

僕も使っていますが、香りでこんなに集中力が変わるのか!って驚きです。

在宅ワーク(テレワーク)で集中できる裏技

在宅ワーク(テレワーク)で集中できる裏技を紹介します。

それは、「ポモドーロテクニック」です。

ポモドーロテクニックとは、イタリアの起業家のフランチェスコ・シリロが発案した時間管理術。
短時間の作業と休憩を繰り返すだけのシンプルな時間管理術で驚くほど生産性を上げることが可能なテクニックです。

このポモドーロテクニックは、集中力が維持しやすいのも特徴です。

ポモドーロテクニックのやり方は簡単で、以下のようになります。

  1. TODOを書き出す
  2. 優先順位を決める
  3. 25分間集中して作業をする
  4. 5分間休憩をする
  5. 25分間集中して作業をする
  6. 5分間休憩をする
  7. 25分間集中して作業をする
  8. 5分間休憩をする
  9. 25分間集中して作業をする
  10. 30分間休憩をする

ポイントは、休憩の時にはメールチェックなどもNGで完全に頭を作業から解放して休めてください。

これを徹底すると、驚くほど集中できて作業効率が上がります。

在宅ワーク(テレワーク)では集中できないなんて人が多くいます。

僕もその一人でした。
でも作業環境を工夫したり、ポモドーロテクニックを使ったりして、今では職場にいるよりも集中して作業をすることができるようになっています。

在宅ワーク中は会社からの評価が不明確になりますので、ここで同僚と差をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です